和傘のおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

和傘 紙傘 直径64cm 柄物 赤 黒 紫 ピンク キッズ 子供用撮影用【あす楽】

配送について 当商品はネコポス便ではお届けできません。
規格サイズ(A4、厚さ2cmまで)を超えるため 納品書について 当店では納品書は同封しておりません。
ご希望の方は備考欄に「納品書希望」とご記入ください。
商品について 和のイメージにぴったりの和傘(紙舞傘)です。
着物での写真撮影を華やかにするのに必須と言っても過言ではありません。
差して使っても良し、背景に置いても良し。
写真映え間違いなし!
日本舞踊やお祭り衣装、時代劇の小道具、ディスプレイやコスプレなどに幅広くお使いいただけます。

※雨傘としてはお使いいただけません。
ご注意 ・防水・撥水加工はしていません。
水濡れ等にご注意ください。
・特質上、多少の歪みや糊のはみ出しなどが見られます。
・衝撃などにより黒塗りの漆が剥がれる場合があります。
・ご覧の環境(モニター設定等)や入荷時期により色みが若干異なります。
サイズ
【直径(使用時)】 64cm
【全長(持ち手から傘先まで)】 桜渦:65cm 蝶々・月奴桜・市松:75cm
※商品により多少前後します。
素材 竹・木材・紙・飾り糸 製造 中国 関連用語:七五三,卒業式,記念撮影,子供用,子ども,キッズ,こども,男の子,女の子紙傘,和風,踊り,舞踊,インテリア,市松,桜,蝶々,赤,黒,紫,ピンク,紙舞傘,映え

和傘 紙傘 直径64cm 柄物 赤 黒 紫 ピンク キッズ 子供用撮影用【あす楽】の詳細・購入はこちら

24本骨 メンズ和傘 「匠」 強風や大雨にも強く丈夫です。【 匠 和傘 雨傘 男 男性用 紳士 無地 シンプル 大きめ 傘 梅雨 父の日 ギフト プレゼント おしゃれ かさ カッコいい 長傘 メンズ雨傘 】

■ 商品名24本骨 メンズ和傘 『匠』
■ サイズ傘部長さ:65cm
■ 重 量約640g
■ しのびやから一言 背中まですっぽり入る、使いやすいワイドタイプ。
24本骨で、強風や大雨にも強く丈夫です。
しっかり握れてグラつかない大きめの持ち手。

※こちらの和傘は紺、、ダークグレー、ブラックからお選びいただけます。
メンズ傘『匠』に折りたたみ傘(晴雨兼用 UV)が新登場!
今話題の超撥水傘に匠が登場!
さらにカバンが掛けられる!
ブラック コン ダークグレイ

24本骨 メンズ和傘 「匠」 強風や大雨にも強く丈夫です。【 匠 和傘 雨傘 男 男性用 紳士 無地 シンプル 大きめ 傘 梅雨 父の日 ギフト プレゼント おしゃれ かさ カッコいい 長傘 メンズ雨傘 】の詳細・購入はこちら

24本骨和傘 メンズ和傘 匠たくみ 傘袋付き JK-03 送料無料 父の日 ギフト プレゼント サントス

商品名 24本骨和傘 メンズ和傘 匠(傘袋付き) カラー 黒・ダークグレー・紺 サイズ 親骨の長さ:約65cm/開傘時の直径:約120cm/重量:約650g 素材 傘生地:ポリエステル/中棒:木/露先:プラスチック /ハンドル:木製 使用上の注意 長持ちさせるためには丁寧に扱うことが重要です。
先端の金属部分は錆止め加工をしておりません。
水気は傘の大敵です。
骨が錆びたり、生地がいたんだりします。
使用後は必ず広げて陰干しし、水気のない陽の当たらない場所で保管してください。


24本骨和傘 メンズ和傘 匠たくみ 傘袋付き JK-03 送料無料 父の日 ギフト プレゼント サントスの詳細・購入はこちら

番傘 茶 【 難有り特価 】※お一人様5本までとさせていただいております。

商品説明 天然材料の手工芸につきサイズ等は違う場合がございます サイズ 紙直径105cm 長さ74cm 重さ560g 骨/心棒/手元 親骨=竹製/36本(入荷時期によって本数が変わる場合がございます)56cm 心棒=竹製/つや無) 手元=巻き無し 紙/糸がけ 和紙 4枚張り 飾り糸(白)1本掛け ハジキ(留め具)/カッパ 金属製1箇所 黒ビニール1枚 防水加工 油引きしてあります。
雨天使用可能 材料/仕様 納期 その他 生産地 中国番傘は荒骨で傘の柄が太い傘です。
昔は店の屋号などを入れて、急な雨降りに 貸し傘としても利用されていたそうです。


番傘 茶 【 難有り特価 】※お一人様5本までとさせていただいております。の詳細・購入はこちら
和傘の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

傘(簦・かさ、からかさ)とは、雨・雪・日光などが体に当たらないよう、頭上に広げ差しかざすもの三省堂「大辞林(第二版)」。
竹や金属などの骨に紙や布などを張り、柄をすえて開閉ができるようにしたもので、「笠」と区別するために「さしがさ」ともいう。
「笠」とは同語源である。
「傘」は、上から降下してくるものに対して直被しないように防護する目的の用具で、一般には手に持って差しかけて使う用具の総称をさし、頭部に直接かぶって使う用具である「笠」と区別される。
なお、ガーデンパラソルやマーケットパラソルなど携行を目的としない特殊な傘もあり、これらは地面に立てたり吊ったりして用いる。
傘は現代においては、雨や雪などの降水時に体や持ち物を濡らさないために使うほか、夏季の強い日射を避けるために使うことも多い。
日本書紀には百済聖王(聖明王)の使者が552年に欽明天皇へ幢幡を献上したと書かれている、当初は主に日射を避ける「日傘」として用いていたが、その後日本独自の構造的進化も見られ、降水に対して使うことが多くなっていった小学館「日本大百科全書」。
中国では古くから天蓋式の傘が発達し、日本へは百済を通じ伝来した。
日本では江戸時代に竹細工や製紙技術の進歩とともに紙製で竹の骨、竹の柄の和傘が作られた。
日傘も同じ時期から一般的となった。
ヨーロッパでは、傘の使用が一般化したのは 17世紀頃である。
日本では昭和30年代に洋傘生産量が和傘を上回るようになった。
日本における傘文化の経緯詳細については和傘節を参照。

引用:Wikipedia:データベース

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全ての旬な商品を見る
旬のおすすめ商品メニュー

人気商品ランキング