騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編のおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編(上) (新潮文庫) [ 村上 春樹 ]

第2部 遷ろうメタファー編(上) 新潮文庫 村上 春樹 新潮社キシダンチョウゴロシ ムラカミ ハルキ 発行年月:2019年03月28日 予約締切日:2019年01月24日 ページ数:336p サイズ:文庫 ISBN:9784101001739 村上春樹(ムラカミハルキ) 1949(昭和24)年、京都市生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。
’79年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。
主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『1Q84』(毎日出版文化賞)がある。
短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。
海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、’09年エルサレム賞、’11年カタルーニャ国際賞、’16年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 雑木林の小径を抜けて、肖像画のモデルとなった少女が山荘を訪れる。
屋根裏に隠された絵と「私」の描いた絵…パズルのピースのように、四枚の絵が一つの物語を浮かび上がらせる。
谷の向かい側から銀色のジャガーで現れる白髪の紳士、奇妙な喋り方で主人公に謎をかける「騎士団長」。
やがて、山荘の持ち主の老画家をめぐる歴史の闇も明らかになるが、真夜中の鈴は、まだ鳴り止まないー。
本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・ま行 小説・エッセイ その他 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編(上) (新潮文庫) [ 村上 春樹 ]の詳細・購入はこちら

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編(下) (新潮文庫) [ 村上 春樹 ]

第2部 遷ろうメタファー編(下) 新潮文庫 村上 春樹 新潮社キシダンチョウゴロシ ムラカミ ハルキ 発行年月:2019年03月28日 予約締切日:2019年01月24日 ページ数:384p サイズ:文庫 ISBN:9784101001746 「簡単なことだ。
あたしを殺せばよろしい」と騎士団長は言った。
「彼」が犠牲を払い、「私」が試練を受けるのだ。
だが姿を消した少女の行方は…。
「私」と少女は、ふたたび出会えるのか。
暗い地下迷路を進み、「顔のない男」に肖像画を描くよう迫られる画家。
はたして古い祠から開いた世界の輪を閉じることはできるのか。
「君はそれを信じたほうがいい」ー物語は希望と恩寵の扉へ向かう。
本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・ま行 小説・エッセイ その他 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編(下) (新潮文庫) [ 村上 春樹 ]の詳細・購入はこちら

【中古】騎士団長殺し 第2部(遷ろうメタファー編) /新潮社/村上春樹 (単行本)



◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが綺麗な状態になります。
迅速・丁寧な発送を心がけております。
【毎日発送】商品状態著者名:村上春樹発行者:新潮社発売日2017年2月20日

【中古】騎士団長殺し 第2部(遷ろうメタファー編) /新潮社/村上春樹 (単行本)の詳細・購入はこちら

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 [ 村上 春樹 ]

村上 春樹 新潮社BKSCPN_
【bookーfestivalーthr】 キシダンチョウゴロシダイ2ブウツロウメタファーヘン ムラカミ ハルキ 発行年月:2017年02月24日 ページ数:544p サイズ:単行本 ISBN:9784103534334 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・ま行

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編 [ 村上 春樹 ]の詳細・購入はこちら
騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

騎士団長殺し』(きしだんちょうごろし、)は、村上春樹の14作目の小説。
新潮社から2017年2月に発行された。
;私:主人公。
36歳。
肖像画家。
:人の顔の特徴を一目で捉えて脳裏に焼き付けて絵(デッサンやクロッキー)として表現でき、物の位置関係なども詳細に記憶できる。
閉所恐怖症をもっている。
:離婚話から家を出て、東北・北海道を一ヶ月半放浪した後、神奈川県小田原市郊外の山中にある雨田具彦のアトリエに落ち着き、小田原市内の絵画教室で指導する。
;柚(ゆず):主人公の妻で、ユズが愛称。
主人公より三つ年下。
建築事務所に勤務(二級建築士)。
:六年間の主人公との結婚生活を経て、離婚手続きの少し前から別の男と付き合い妊娠中。
;小径(こみち):主人公の妹で、コミが愛称。
故人。
主人公より三つ年下。
心臓に先天的疾患があり、12歳でこの世を去った。
;雨田 政彦(あまだ まさひこ):主人公の美大時代からの友人で、二歳年上。
独身。
広告代理店に勤務するグラフィックデザイナー。
:主人公に父親のアトリエへの仮住まいと絵画教室での仕事を世話。
;雨田 具彦(あまだ ともひこ):政彦の父で高名な日本画家。
92歳。
認知症となり伊豆高原の養護施設(療養所)に入院中。
『騎士団長殺し』というオペラ『ドン・ジョバンニ』をモチーフにした未発表の日本画を描く。
:戦前は洋画家だったが、ウィーン留学中にナチス高官暗殺未遂事件に関与し日本へ送還され、戦後日本画家へと転身。
;雨田 継彦(あまだ つぐひこ):具彦の三つ年下の弟で、政彦の叔父。
:ピアニストを目指す東京音楽学校の学生であったが、20歳の時に徴兵で中国へ配属され、いわゆる「南京虐殺」に無理矢理加担させられたことで復員後に自殺。
;免色 渉(めんしき わたる):54歳。
独身。
主人公が暮らすアトリエから谷を隔てた向かい側の山にある豪邸に三年ほど前から住んでおり、主人公に自身の肖像画制作を依頼。
白髪で、身長は170センチより少しある。
:以前IT関係の会社を経営していたが、インサイダー取引と脱税の容疑で検挙され東京拘置所の独房に435日間拘留された後、無罪釈放となった過去がある。
現在は自宅でインターネットを介した株式と為替による利ザヤで収益を得ている。
:主人公が暮らすアトリエ裏の石積みの塚を撤去し石室を掘り出す手助け(造園業者の手配と支払い)や雨田具彦・継彦の調査をした。
:免色はまりえが自分の娘ではないかと思っていて、自宅の選定も秋川家が見える場所を選んでいた。
:主人公にまりえの肖像画を描くよう依頼し、モデルにさせるようにはかる。
;秋川 まりえ(あきかわ まりえ):13歳、中学生。
幼い頃に母親がスズメバチに刺され亡くなっている。
無口。
:主人公が教える絵画教室の生徒で、主人公が暮らすアトリエと尾根続きの山にある家に住んでいる。
;秋川 笙子(あきかわ しょうこ):まりえの叔母。
独身。
以前は東京で秘書の仕事をしていたが、現在はまりえと暮らしている。
;秋川 良信(あきかわ よしのぶ):まりえの父親。
:小田原一帯の大地主だった実家を継承し、市内に複数の物件を所有する不動産事業家。
;絵画教室の生徒の女:41歳(主人公が五歳ほど年上だったと記憶)。
人妻で二人の娘もいる。
:主人公のガールフレンドになり、不倫関係に陥る。
:主人公に免色渉に関する噂話を伝える。
;イデア:『騎士団長殺し』に描かれた騎士団長の姿を形体化して顕れる。
身長は60センチほど。
:単数の人間に対し「諸君」と呼び、「あたし」「~ではあらない」など特徴的なしゃべり方をする。
;メタファー:『騎士団長殺し』に描かれ主人公が「顔なが」と呼ぶ姿で顕れる。
身長は70センチから80センチほど。
:失踪したまりえを探す主人公を「メタファー通路」という異空間へと誘う。
;白いスバル・フォレスターの男:主人公が東方を放浪中、宮城県の海岸沿いの小さな町のファミリーレストランで遭遇した白いスバル・フォレスターに乗っていた中年男性。
:肖像画を描くことをやめた主人公が自発的に彼の肖像画を描く。
:実在するのか不明な存在で、主人公は「二重メタファー(心の中にいて正しい思いをつかまえて貪り食べてしまうもの)」だと感じる。
全2巻で第1部「顕れるイデア編」と第2部「遷ろうメタファー編」に分かれている。
初版部数は2巻合わせて130万部で、一部の書店では午前0時から販売を開始した。
2010年の『1Q84 BOOK3』から7年ぶりの長編作品になる。
表紙の装丁と帯には「Killing Commendatore」と「騎士団長殺し」の英訳が書かれている。

引用:Wikipedia:データベース

騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全ての旬な商品を見る
旬のおすすめ商品メニュー

人気商品ランキング