吉野家 冷凍牛丼の具28袋セットのおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉野家 冷凍牛丼の具28袋セットの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

吉野家(よしのや)は、牛丼を主力商品とする、大手外食チェーンストア(牛丼屋)。
株式会社吉野家ホールディングス(略称:吉野家HD)の子会社・株式会社吉野家が、同店の運営企業である。
日本国における牛丼チェーン店舗数では2008年9月末以降、すき家に次いで第2位である(沿革参照)。
本社所在地は、東京都中央区で、日本国だけでなく中華民国、マレーシア、中華人民共和国、シンガポール、フィリピン、アメリカ合衆国、カンボジア、インドネシア等に支店を持つ。
愛称・通称は「吉牛(よしぎゅう、吉野家の牛丼の略)」(後述)。
吉野屋は誤記(落語家の亭号と同じ)。
吉野家は、1899年(明治32年)に東京・日本橋で創業。
創業者・松田栄吉が大阪府西成郡野田村字吉野(現在の大阪市福島区吉野)の出身だったことから屋号が吉野家になった 毎日新聞連載「もとをたどれば」、2017年4月23日。
2003年(平成15年)までは牛丼のみの単品販売が特徴的で、2001年(平成13年)夏にはコスト削減による体制を整えた上で外食大手の低価格競争に追随し、牛丼並盛一杯280円という低価格と他のファストフード店と比べても一線を画す配給スピード(築地店店長の盛り付け速度は、1杯あたり15秒)で人気を集めた。
バブル崩壊以降、ミスタードーナツやマクドナルドなどと共に、低価格路線を採った外食産業における代表的なチェーン店のひとつであった。
他の牛丼店と同様、原料である牛肉全てがアメリカ合衆国からの輸入であるため、2003年(平成15年)にワシントン州でBSE(牛海綿状脳症)感染牛が確認され、アメリカ合衆国からの輸入が停止されると、牛肉の調達が不能になり、一時牛丼販売の休止に追い込まれ、営業の縮小や、牛カレー丼、豚丼などの代替商品の緊急投入を余儀なくされた。
以降は多メニュー展開を行い、牛丼販売再開後も継続している。
牛丼を休止した理由として「米国産牛肉でなければ吉野家の牛丼の味が出せない」「米国産牛肉以外だったらタレの構成配分を変えなければいけない」「別の(肉をメインに使用した)牛丼を出したら『これ違う』と客から文句が出るに違いない」「長期的視野で間違いの少ない選択をするため」との見解を示している日経スペシャル カンブリア宮殿(テレビ東京)2007年10月15日放送より 危機を克服して進化する吉野家流経営 - / / / / academyhills 2008年4月・5月。
米国産牛肉の輸入再開後、牛丼は販売休止以前よりも高い並盛380円で販売を再開したが、原材料コスト高や採算性のなどの理由で、当時は牛丼の通常価格は値下げしない方針としていた詳細は#主なメニューや牛丼#飲食店における牛丼価格の変遷を参照。

2000年代後期に発生した牛丼低価格競争では、キャンペーンによる牛丼の期間限定値下げや低価格メニューの投入で対応していたが、2013年になって280円に値下げした。
その後消費税8%増税により、2014年4月1日に300円になり、さらにその後、米国産牛肉が出荷量減少などで価格高騰。
加えて急激な円安による輸入価格上昇で、同年12月17日から380円に値上げした。
2020年8月3日、東京都の要請を受け、ビールの提供を終日休止する読売新聞2020年7月31日。

引用:Wikipedia:データベース

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全ての旬な商品を見る
旬のおすすめ商品メニュー

人気商品ランキング