自撮り棒のおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自撮り棒 セルカ棒 三脚 Bluetooth リモコン シャッター付き 無線 7段階伸縮可能 長い スマホ 自撮り 三脚付き 三脚スタンド 折り畳み 持ち運びに便利 iPhone/Android対応 お花見 旅行

商品特徴: 自分撮りがきれいに決まる最強アイテム!
まるで腕がグンと伸びたみたいに「自分撮り」が簡単にできます。
人や風景がバランス良く写るので、人に撮ってもらったような写真に仕上がります。
着脱式でリモコンをなくす心配なし 三脚を使った自撮り時に便利なワイヤレスリモコンは本体ハンドル部への着脱式になっています。
「みんなで写真を撮ろうと集合したら肝心のリモコンがない・・・」なんて悲劇も起こりません。
スリムで軽い!
どこでも持っていける!
コンパクトに収縮できるので、バックにサッと入れて持ち運びできます。
まるで化粧品のような洗練されたデザインなので、バッグに入れておいても違和感はありません。
長くも短くも思いのまま!
7段階伸縮スティック セルカ棒の棒の長さを変えることで、写真に収まる人数も変わってきます!
三脚機能搭載 別パーツとして三脚があるのではなく、根元のハンドル部分が3つに分かれて開くことで三脚として使えます。
ステー付きなので、開脚時の強度がアップしています。
大切な思い出をベストショットで残そう!
手の届きにくいハイアングル撮影に!
運動会、パレード、イベントなど人が集まる場所で活躍!
商品仕様: 製品材質:アルミニウム合金+ABS 製品重量:171g(約一台のiPhone xの重さ) サイズ:約19.4*3.3*3cm 引き伸ばし長さ:約81cm 伸縮段階:7段階伸縮 リモコン機能:シャッターのみ 遠隔操作最大距離:10m Bluetoothバージョン:V3.0 対応できるスマホの幅:5.5-9 cm(3.5インチから6.5インチまで) スマフォン対応:Android 4.44以降 / iOS6.0以上 充電バッテリー:50mAh フル充電の場合サポートする写真撮り回数:約2万回 充電電圧:5V 充電電流:0.5-2A メーカー型番:SSBT01 パッケージ内容: 1*セルカ棒 1*USB充電ケーブル 1*日本語取扱説明書
★Android をご使用の方へ
★ ペアリング後、シャッター機能が使用できない場合は、カメラアプリの設定でシャッターを音量ボタンに割り当ててください。

※本商品は、電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明する技適マークが貼付されていない無線機器であり、日本国内で使用する場合は、電波法違反になる恐れがございます。
ご使用の際には、十分ご注意下さいますようお願いいたします。
詳しくは、最寄りの総務省総合通信局へお問い合わせ下さい。
予めご了承をお願いいたします。

▼色がある場合、モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合がある
【注意事項】 -当店でご購入された商品は、原則として、「個人輸入」としての取り扱いになり、中国の広東省からお客様のもとへ直送されます。
-個人輸入される商品は、すべてご注文者自身の「個人使用・個人消費」が前提となりますので、ご注文された商品を第三者へ譲渡・転売することは法律で禁止されております。
-一部商品は国内の提携先倉庫から配送されます。
-商品お届けまでに、海外からの配送は1週間程度、国内配送の場合は3日程度かかります。
-国内配送の商品は国内でのお買い物と同じく消費税が発生いたします。
関税はかかりません。
-関税・消費税が課税される場合があります。
詳細はこちらご確認下さい。


自撮り棒 セルカ棒 三脚 Bluetooth リモコン シャッター付き 無線 7段階伸縮可能 長い スマホ 自撮り 三脚付き 三脚スタンド 折り畳み 持ち運びに便利 iPhone/Android対応 お花見 旅行の詳細・購入はこちら

自撮り棒 セルカ棒 三脚 レンズ リモコン付 Bluetooth スマホ三脚 ミニ三脚 シャッター付 スマホ 自分撮り 自撮り 三脚スタンド 三脚付きセルカ棒 無線 伸縮式 折り畳み 多機能 持ち運びに便利 360度回転 iPhone7 iPhone8 Plus iPhone 6 X Xs Max Androidズーム機能一部対応

自撮り棒 セルカ棒 三脚 レンズ リモコン付 Bluetooth スマホ三脚 じどり棒 ミニ三脚 シャッター付 スマホ 撮影 自分撮り 自撮り 三脚スタンド 三脚付きセルカ棒 無線 伸縮式 折り畳み 多機能 持ち運びに便利 360度回転 iPhone6 iPhone7 iPhone8 Plus iPhoneX XS Max Android ズーム機能一部対応 モデル:9928 主な材質:アルミニウム+ABS 対応機種:サイズ:幅5〜8.5cm 本体重量:235g 伸縮範囲:200mm〜1000mm 充電時間:約20分間> 説明書について 中国語と英語説明書を付属しています。
一部輸入品日本語説明書は電子版メールで発信可能です。
9928日本語説明書 リモコンとスマホのペアリング方法 1. リモコンの電源スイッチをONにします。
ライトが青色に点滅しましたら、Bluetoothペアリングモードに入ります。
2. スマホのBluetooth機能を起動し、「TAWARON」をタップしてペアリングします。
3. 正常にペアリングできた場合、点滅が中止し、ライトが消灯状態になります。
ご注意:ズームアウト?
ズームイン機能は、iOS機種(iPhone, iPad, iPod)に非対応です。
アンドロイド4.3以降のみ(SHarp、SONY、ASUSを除く)対応いたします。
シャッター機能は、SHarp、SONY、ASUSに非対応です。
ご了承ください。
注意事項
※実物と画像では、見た目の色に多少違いがある場合がございます。

※輸入品の為、多少の汚れ、スレがある場合がございます。
かなり細かく作業でしたが、神経質な方?
完璧を求められる方はご購入をご遠慮下さい
※商品につきましては商品ページにて仕様をご案内をしておりますが、入荷時期により製品改良のため予告なく、パッケージのデザインと実際の商品デザイン、仕様が変更になる場合がございます。

※一部輸入品のパッケージは輸入国の言語が記載されております。

※当商品をご利用いただいて生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。

※本商品は、電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明する技適マークが貼付されていない無線機器であり、日本国内で使用する場合は、電波法違反になる恐れがございます。
ご使用の際には、十分ご注意下さいますようお願いいたします。
詳しくは、最寄りの総務省総合通信局へお問い合わせ下さい。
また、該当商品の技適マークは申込中です。
認証完了次第、技適マークが張付けられます。
予めご了承をお願いいたします。
*メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。
*自撮り棒 セルカ棒 三脚 レンズ リモコン付 Bluetooth スマホ三脚 じどり棒 ミニ三脚 シャッター付 スマホ 撮影 自分撮り 自撮り 三脚スタンド 三脚付きセルカ棒 無線 伸縮式 折り畳み 多機能 持ち運びに便利 360度回転 iPhone6 iPhone7 iPhone8 Plus iPhoneX Android ズーム機能一部対応 iPhone X

自撮り棒 セルカ棒 三脚 レンズ リモコン付 Bluetooth スマホ三脚 ミニ三脚 シャッター付 スマホ 自分撮り 自撮り 三脚スタンド 三脚付きセルカ棒 無線 伸縮式 折り畳み 多機能 持ち運びに便利 360度回転 iPhone7 iPhone8 Plus iPhone 6 X Xs Max Androidズーム機能一部対応の詳細・購入はこちら

自撮り棒 セルカ棒 三脚 iphone Android 対応 bluetooth 無線 シャッターボタン付き スマホ セルカ棒 無線 360度回転 伸縮式 折り畳み 多機能 持ち運びに便利 三脚付き 小型 コンパクト 軽量 リモコン付き 三脚スタンド 自撮り カメラ対応

【対応機種】 Android、iOSのBluetooth機能搭載スマホに適応します。

※iOS機種( iPad, iPodなど)に非対応予めご了承ください。

【5段伸縮調節&三脚スタンド付き】 アルミ合金を採用されて、18〜67cm5段自由伸縮可能です。
また、滑り止めがついており、しっかりとグリップでき、予想外の落下を防止します。

【360度回転】 雲台部分360度回転でき、クリップを225度の回転できます。
横向き撮影はもちろん、携帯を縦向きにしても写真撮られます。
挟む部分は丁寧な設計で、撮影道具をを取り付ける際に傷がつくことを防ぎ、 しっかりに挟み込めて落下を防ぎます。

【手のひらのサイズで簡単収納】 *18CMまでコンパクトに収納でき、135g超軽量、コンパクトで旅行、山登り、撮影、パーティー等イベンドに大活躍!
*鞄の中に入れても邪魔にならなくて持ち運びに便利です。
*クランプの挟み範囲は約5.5cm-9cmで、iPhone(iPhone 6/ iPhone 6s / iPhone 6s Plus iPhone7/7Plus/iPhone8/8Plus/iPhonex/iPhoneXs MAX/iPhoneXr/iphone11/iphone11 pro)とAndroid(htc/ galaxy/huawei等) 4.7〜6.5インチスマホに対応しています。

【Bluetooth超簡単設定】 本体に取り外し可能なリモコンが付きます。
ご利用機器と簡単にBluetooth接続でき、撮影の際はリモコンのシャッターボタンを 押すだけ。
簡単操作でア プリの設定などは必要ありません。

※一部Android機種ではカメラの初期設定が必要です。
Bluetoothでスマートフォンと接続するだ けで使用でき、約10m離れた 場所でも遠隔操作が可能です。
ご注意:ズームアウト&ズームイン機能は、アンドロイドの一部機種のみ対応いたします。

【セット内容】 自撮り棒*1 Bluetooth無線リモコンシャッター*1 (電池付き、自撮り棒本体に装着済み) 日本語のユーザーマニュアル*1
【サポート】 商品の品質には万全を期しておりますが、万が一配達時に不具合などありましたら是非新品再送の対応をさせていただきますので 、お手数ではございますが、お気軽にご連絡下さい。
また、90日間保証が付いています、保証期間内の故障は、 弊店に連絡を下されば、責任を持って対応致します。
メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています

自撮り棒 セルカ棒 三脚 iphone Android 対応 bluetooth 無線 シャッターボタン付き スマホ セルカ棒 無線 360度回転 伸縮式 折り畳み 多機能 持ち運びに便利 三脚付き 小型 コンパクト 軽量 リモコン付き 三脚スタンド 自撮り カメラ対応の詳細・購入はこちら

【史上最小型】自撮り棒 ロング コンパクト Bluetooth セルカ棒 無線 超軽量 自動スリープ ワイヤレス リモコン内蔵 一脚 折りたたみ 自由伸縮 持ち運びに便利 iPhone/Android対応 自撮り 集合撮影 機内持ち込み可 ピンク


【この自撮り棒を選べる理由は】☆ ・初心者も簡単で利用でき ・超ミニサイズで簡単収納 ・横縦向き自由に撮影可能 ・満充電約5000枚撮影可能 ☆
【面倒な設定不要】☆ ・内臓式なリモコン(充電式)付きます。
・Bluetooth接続でき、シャッターボタン押すだけ。
・簡単操作で、アプリの設定などは必要ありません。
・一部Android機種ではカメラの初期設定が必要です。
・Bluetoothで約10m離れた場所でも遠隔操作が可能です。

【小型に軽量 史上最小型】☆ ・精巧なデザインで、小さなかばんに入れてもすっぽり収納できます。
・超コンパクト、102g超軽量、12から72cm自由伸縮、持ち運び便利です。

【55mAh充電式バッテリ】☆ ・24時間作業が続け、スタンバイ・モードで最大3ヶ月作動できます。
・約30分フル充電した後、セルフタイマー最大50000回キャプチャできます。

【横・縦向き撮影可能】☆ ・横向き撮影はもちろん、携帯を縦向きにしても写真撮られます。
・挟む部分は丁寧な設計で、撮影道具をを取り付ける際に傷がつくことを防ぎ、しっかりに挟み込めて落下を防ぎます。

【パッケージ内容】☆ ・自撮り棒本体×1 ・充電ケーブル×1 ・日本語取扱説明書×1 メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています

【史上最小型】自撮り棒 ロング コンパクト Bluetooth セルカ棒 無線 超軽量 自動スリープ ワイヤレス リモコン内蔵 一脚 折りたたみ 自由伸縮 持ち運びに便利 iPhone/Android対応 自撮り 集合撮影 機内持ち込み可 ピンクの詳細・購入はこちら
自撮り棒の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

自撮り棒(じどりぼう)とは、カメラやカメラを内蔵したスマートフォンに取付けて、自分撮り(自撮り)を行うための長さ1 mほどの棒状の器具である。
市販品としての自撮り棒は、1980年代初頭に日本で開発され世界で発売されたがあまり普及せず、1990年代半ばには日本の珍発明の1つとして揶揄された。
しかし、スマートホンおよび動画投稿サイトの普及によって知られるようになり、2014年のヒット商品の1つとしてTIME誌が紹介するなど、発明から約30年をかけて世界的に広まった。
ミノルタカメラ(現・コニカミノルタ)が、世界で初めて1983年に発売した時の商品名は「エクステンダー」であった特選街(マキノ出版、大人気カメラ特集号、1983年8月)。
現在は「自撮り棒」「自分撮りスティック」「自撮り一脚」「手持ち一脚」のほか、英語で自分撮りをセルフィーと言うことから「セルフィースティック」や「セルフィー棒」、韓製英語(コングリッシュ)で自分撮りをセルフカメラと言うことからその略のセルカを用いて「セルカ棒」とも呼ばれている。
「自撮り棒」という名称は、関西ローカルの番組で、ロケ中の千原せいじが呼称したことで広まった。
それまで、国内ではほとんど流通しておらず、パッケージには「selfie」と書かれたものしかなかった。
現在流通している自撮り棒は、セルフタイマーを用いることを前提としたものと、グリップ内蔵または本体とは別にあるリモコンで撮影操作を行うものに大別でき、後者では無線のBluetoothまたは有線を使用している。
使用法に関しては、自分撮り以外にも人混みの中で他者の頭越しに周囲を撮影をするなどの使用法が発売当初から提案されてきたが、凶器への転用可能との考えから一部のコンサート会場やスポーツ施設への持ち込みが禁止になったり(billboard JAPAN 2015年1月20日)(サッカーキング 2015年1月8日)、撮影補助機材そのものの持ち込みを禁止しているテーマパークがあったり(マイナビニュース 2015年1月19日)、Bluetooth搭載型では国内での使用に限られていたり(参照)するため使用には注意が必要である。

引用:Wikipedia:データベース

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全ての旬な商品を見る
旬のおすすめ商品メニュー

人気商品ランキング